読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mukashimariの暮らしの便り

はじめまして。むかしまりと申します。テーマは「暮らしを豊かにすること」です。便利ではなくて、豊か、というところがポイントだったりします。

Life2 シンプルに美しく髪を乾かす5つのコツ

こんにちは。むかしまりです。

突然ですが、私は胸下くらいのロングヘアです。

このくらいの長さになると、ドライヤーをかける時間が長くなります。

シンプルに、短時間で、美しく髪を乾かすための、私の5つのコツをご紹介します。

 

髪を上段・下段にわけてしっかり絞ります

お風呂場からあがる際に、髪をしっかり絞ります。

私はイラストのように、上段と下段にわけて絞っています。

わけずに無理やり強く絞ると、水分を含んで柔らかくなった髪が傷んでしまいます…気をつけてください!

 

f:id:mukashimari:20160531214127j:plain

 

タオルドライはタオル2枚使いで!!

大判のバスタオルでしたら、1枚でもしっかり髪の水分が抜けるかもしれませんが、体の水分をふき取った後のタオルは、あまり吸水性がよくないものです。

私は大判のバスタオルで体をふき、髪も包んで水分をとり、さらにフェイスタオルでもう一度髪を包んで水分をとります。

髪はなるべく平らにして、表面積を増やしてからタオルに包んでくださいね。

 

f:id:mukashimari:20160531214150j:plain

オイルで髪の表面をコーティング

髪が早く乾くわけではありませんが、髪の表面が整ってツヤが増しますし、何よりスタイリングが楽になります。結果時短につながります。洗い流さないトリートメントでもよいと思いますが、私は椿油を使っています。

 

mukashimari.hatenablog.com

 

 面倒ですが、ブロッキングが効果大です

髪をイラストのようにまず上段と下段にわけて、下段が乾いたら上段を2分割して、中段を乾かし、最後に上段を乾かします。ブロッキングは面倒ですが、した方が早く乾きますし、実は傷み防止になります。ブロッキングをしないと、どうしても髪の表面にドライヤーの熱が集中してしまい、表面はパサパサ、内部は生乾きという状態になってしまいます。

 

f:id:mukashimari:20160531214214j:plain

 

仕上げは冷風で

9割乾いたら、温風から冷風に切り替えて仕上げます。冷風で髪の熱をとると、形状記憶され、かつキューティクルが閉じるので、表面が整ってツヤがでます。必ず冷風で仕上げてください!

 

まとめ

シンプルに美しく髪を乾かすコツをご紹介しましたが、それでもドライヤーの時間が苦痛…という方は、テレビや動画を見ながらドライヤーをすることをお勧めします。時間があっという間に感じますよ。お試しください。

 

 

むかしまり