読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mukashimariの暮らしの便り

はじめまして。むかしまりと申します。テーマは「暮らしを豊かにすること」です。便利ではなくて、豊か、というところがポイントだったりします。

Life6 シンプルライフに憧れる3つの理由

こんにちは。むかしまりです。

シンプルライフに憧れを抱き始めたのは、ちょうど1年くらい前からです。

その頃からシンプルライフやミニマルライフ系のまとめ記事やブログを読んだり、

雑誌の片づけ特集とか、断捨離特集を読んだりして、さらに興味を深めていきました。

 

シンプルライフの何に魅力を感じているのか、まとめてみました。

 

暮らしから「探す悩み」を排除できること

シンプルライフを実践すると、無駄な買い物もしなくなり、モノが少なくなります。

特に顕著だったのは、服です。

服は、1年前に比べると5分の1くらいに減ったと思います。

毎日毎日服のコーディネートに悩んでいました。

 

このトップスに、このパンツは合わない…

このアウターは丈がちょっと足りない…

このワンピースは、今日のお出かけ先には合わない…など、

 

時間に追われていればいるほど、ストレスを感じていました。

 

数年前までは、ファッション大好きで、コーディネートをいろいろと考えることが大好きだったのですが、今はそれが負担になってしまったのです。

 

服を減らしたことによって、コーディネートの幅も狭まり、

本当に着たい服、似合う服だけを身に着けることができるようになりました。

 

掃除がしやすくなること

モノが減ると、掃除しにくい場所が減ります。

例えば、カラーボックスを部屋に置いて置くと、

・カラーボックスの天板にほこりがたまる

・カラーボックスの棚にほこりがたまる

・カラーボックスと壁の間にほこりがたまる

・カラーボックスと壁の間にモノが落ちて、そのモノにほこりがたまる

といったように、ほこりがたまるスポットが細分化されます。

 

モノを減らして、カラーボックスごとなくすと、

床にほこりがたまるだけになります。

掃除機をかけるだけで掃除は終わり。楽ちんです。

 

狭い部屋でも暮らせること

家賃は固定費です。できるだけ低くおさえたいものですよね。

モノが少ないと、収納が少ない部屋でも、十分に暮らすことができます。

むしろ、収納が少ない部屋のほうが、お得です!

モノのための場所は最低限でいい。

人のための場所を広く使いたいです。

 

まとめ

f:id:mukashimari:20160616203920j:plain

シンプルライフに憧れる3つの理由でした。

シンプルライフになってから、精神的にも経済的にも負担が軽くなり、楽になりました。

多くのモノに囲まれた生活に、疲れてしまっているのかもしれませんね!

一度はまるとやめられないシンプルライフです。もっともっとシンプルに暮らしたいな!

 

むかしまり